安い年賀状印刷ネット注文2019比較表

安い年賀状印刷ネット注文2019比較表を作成致しました!
年賀状の激安ショップを探している人は参考にしてみてください。

早期割引 カラー(30枚) 写真仕上げ(30枚) 送料 発送 宛名印刷 年賀状持ち込み 投函代行 公式
ネットスクウェア 10/17まで63%OFF 5,013円(税込) 6,023円(税込) 無料 10月下旬頃より順次発送
(時期によって異なる)
× × × 公式サイトを見る
らくらく年賀状 ×(会員登録時5%OFF) 1,860円(税込) × 500円(沖縄・離島を除く) 翌営業日 (1枚12円) × 公式サイトを見る
挨拶状ドットコム 11/23(金)24:00まで40%OFF 5,778円(税込) 5,778円~(税込) 324円(会員登録で無料) 最短2営業日 (無料) 公式サイトを見る
Rakpo 10/31まで60%OFF 5,200円(税別) 7,300円(税別) 無料 翌日 (1枚25円) × 公式サイトを見る
おたより本舗 11/5(月)昼12時まで最大50%OFF 3,400円~(税別) 5,100円~(税別) 無料 当日 (無料) 公式サイトを見る
年賀家族2019 10/16(火)PM4:00まで50%OFF 2,550円(税別) 2,550円(税別) 無料 5営業日 (無料) × × 公式サイトを見る
しまうまプリント 10/29まで最大60%OFF 900円(税別) 2,100円(税別) 無料 11月上旬 (無料) × 公式サイトを見る
ラクスル 10/31まで30%OFF 3,678円(税別) × 無料 最短翌日 (無料) × 公式サイトを見る
平安堂 40%OFF 3,460円~(税別) 4,140円~(税別) 500円+税(※一部地域を除く) 最短3営業日 (1枚30円) × × 公式サイトを見る
GLAM PRINT 10月中25%OFF 2,940円(税込) × 616円+税 11月14日(水)から開始予定 (無料) 公式サイトを見る
Digipri(デジプリ) 11/5(月)まで25%OFF 2,490円(税別) 2,850円(税別) 無料(ゆうパケットのみ) 最短2日 (1枚46円) × 公式サイトを見る
Cardbox
カードボックス
11/12(月)まで最大45%OFF 5,130円(税込) 6,534円(税込) 無料(会員登録・ログイン) 11月7日から順次発送 (無料) 公式サイトを見る
アンビエンテ 10/23(火)11:00まで35%OFF 5,400円(税込) 7,500円(税込) 無料(期間限定) 最短翌営業日
(15時までの注文)
(無料・10/23まで) × 公式サイトを見る

目次

安い年賀状印刷ネット注文2019おすすめ比較ランキング

ネットスクウェア

ネットスクエアのおすすめポイントは、デザインが豊富で1000種類の中から選べます。写真付きのデザインも200種類取り揃えられています。また、ネットで注文する際にデザインが選びやすくなっています。10月8日までなら64%オフで、送料無料なのも嬉しい。

らくらく年賀状

らくらく年賀状のおすすめポイントは、会員登録する事により、支払い総額から5%オフに。またお年玉付年賀はがきが通常価格の5円引きの47円に。また注文してから2日以内に全国(沖縄、離島以外)どこでも500円で自宅へ配達してもらえ、デザイン、印刷、送料、支払い総額が業界最安値です。その他、投函代理サービス、宛名印刷も行っています。

挨拶状ドットコム

挨拶状ドットコムは、早期割引をしており11月23日までに注文すると40%オフに。デザインは1000種類あり、猫が主役の年賀状や、消しゴムハンコの年賀状など、少し変わったデザインもあります。宛名印刷基本代金と送料は無料になっています。

ネットプリントジャパン

ネットプリントジャパンは、10月30日まで最大60%割引を行っており、宛名印刷と送料は無料です。またデザインの種類は2000種類と驚きの多さです。また年賀状についての質問や悩みがある場合のサポートサービスも行っています。

Rakpo

Rakpoは、全国どこでも送料無料で印刷費は10月末までの注文なら60%オフの早期割引を行っています。またディズニーキャラクター、ハローキティ、スヌーピーなどのデザインも選べ、キャラクター好きな方に送るのにおすすめです。また、くまモンなどご当地キャラクターも選べるため、個性の豊かな年賀状が作れます。

いんさつどっとねっと

いんさつどっとねっとは、デザインの種類が豊富で、ディズニーキャラクターに力を入れています。ミニオンやスタジオジブリのデザインもあり、ディズニーファンの方や、アニメ好きな方、お子様に送る方におすすめです。

プリント100点ドットコム

プリント100点ドットコムは、一部地域を除く全国一律送料無料で、11月4日までの注文なら50%オフの早割セールを行っています。また自分でデザインしたオリジナルデータも印刷してもらえます。宛名印刷は業界最安値の一枚当たり10円~となっています。

年賀状を2019年の元旦までに届けるには?

年賀状は書くのが遅れても、提出期日を把握していれば元日に届けることも可能です。
年賀状を2019年の元旦までに届けるには、どの時点までに出せばいいのでしょうか?

年賀状を確実に元旦に届けるための提出期限について

師走の忙しい最中にあって、書かなければいけないと思いながら書くのが遅れてしまいがちなのが年賀状です。
たとえ郵便局への提出が遅れても元日に届けたいものですが、そのためには提出期限を守る必要があります。
郵便局によれば、2018年用の年賀はがきの引受開始日は12月15日(土)からになっています。
また、元日に届けるためには12月25日(火)までに年賀状を郵便局に提出する必要があります。
この期限までに提出すれば、全国全ての地区に渡って元日に年賀状が届くことになります。
ここで気を付けなければいけないのは、ポストへの投函についてです。
12月25日に投函したとしても、その日の最終集荷時刻より後になってしまえば、回収は翌日になります。
そうなると期限に間に合わなくなってしまいます。
ポストの最終集荷時刻を確認しておくか、心配であれば直接郵便局に持っていくようにしましょう。

年賀状が元日に届く可能性のある提出期限について

12月26日以降に提出された年賀状は、元旦には絶対に届かないのでしょうか?
郵便局では、12月26日から28日に提出された分の年賀状に関してもできるだけ元日に届ける取り組みを行っています。
絶対というわけではないにしても、元日に届く可能性も大いにあるということです。
もう少し細かく述べると、 隣接している都道府県に年賀状送る場合は12月27日(木)の夕方集荷分までになります。
一方、同一都道府県内の場合は12月28日(金)の午前集荷分までです。
さらに引き受け郵便局と同じ地域に送る場合は12月30日(日)午前集荷分までになり、引き受け郵便局と郵便番号の上2桁が同じ地域の場合は12月29日(土)夕方集荷分までになります。
送り先が近ければ近いほど、元旦に届く可能性のある提出期日は遅いということです。
もちろん12月25日までの提出が確実に元旦に届く期限になります。
それ以降に関しては、郵便局の仕分け状況や煩雑具合によって元旦に届くかどうかが変わってくるため注意が必要です。

スマホで年賀状印刷ができる!

スマホを利用することで簡単に年賀状印刷を行うことができます。主に二つの方法が存在しているので、どちらの方法を選択しても目的の年賀状印刷を実施することが可能です。

自宅のプリンターで年賀状印刷を実施

スマホにはいくつもの年賀状アプリが存在しており、使用することで簡単に目的の年賀状を印刷できるようになっています。自分好みのテンプレートを選択し、選択したデータを元に自宅のプリンターで簡単に印刷できるようになっています。速やかに年賀状を手に入れたいと考えている方にとって、効果的な方法になります。ただし対応しているプリンターが古かったり、年賀状アプリを提供しているプリンターメーカーを選択しないと印刷することができないので注意です。

全て業者に依頼する方法

自分でプリンター印刷するのは面倒という方は、全て業者に対応してもらうことができる年賀状アプリも存在しています。わざわざ自分で年賀状印刷をする必要はなく、早く対応してくれる業者の場合、翌日や翌々日には発送をしてくれます。とても簡単にスマホを利用して年賀状印刷を実施することができるため、すでに多くの人が利用しています。全て業者に依頼する時、どのくらいのお金が必要になってくるのか異なってきます。ちょっとでもお得に依頼したい時は、少ないお金で業者に任せられる年賀状アプリを選択することで、支払うお金を節約可能です。

年賀はがきと年賀状の違い

「年賀はがき」と「年賀状」同じ意味だと思う人も多いと思いますが、実はこの2つには違いがあります。実際にこの違いを理解している人は少ないです。ここではこの2つの違いについてご紹介します。

年賀状とはどういったもののことを指すのか

年賀状とは新年に送る挨拶状のようなものです。一般的には郵便局で販売されているはがきのことを指しますが、ポストカードや自分で作ったお手製のはがきを用いられることもあります。(この際は年賀と書いて、切手を貼る必要があります)大きくまとめると、新年の挨拶状のことを年賀状と言います。

年賀はがきとはどんなもの?

年賀状と比べて、年賀はがきはかなり限定されています。年賀はがきとは主に郵便局が発行する「お年玉付き郵便はがき」のことを意味しています。私たちがお正月に目にするものは、この年賀はがきが圧倒的に多いです。つまり私たちが「年賀状」と呼んでいるものは実は「年賀はがき」が正しいということなのです。そのため、郵便局ではがきを購入する際には、「年賀はがきをください」というのが正解となります。

まとめ

お正月といえばこの「年賀はがき」と「年賀状」は楽しみのひとつとなっているもの。この2つには違いある、ということをご紹介しました。多くの人が知らずに「年賀状」と呼んでおり、違いを詳しく知らなくても大きな支障はありませんが、郵便局などではがきを買う際には知っているほうがスムーズではあるかもしれません。

年賀はがきは普通のはがきに交換できる?

書き損じたら困る、足りないと困る、と思ってついつい買い過ぎてしまう年賀状。余った年賀状は他に使い手がないですし、もったいないですね。
余った年賀はがきは普通のはがきに交換できるのでしょうか?

未使用の年賀はがきは普通はがきに交換できる

未使用の年賀はがきや書き損じた年賀はがきは、郵便局に持っていけば普通郵便はがきと交換してもらうことができます。
特に交換期限も決まっていないので、かりに5年前の年賀状だったとしても手数料さえ払えば交換は可能です。
しかしこの時、年賀状一枚に当たり5円の交換手数料がかかってしまいます。
この手数料は現金、もしくは切手で支払う必要があるので、例えば、余った年賀はがきで支払うといったことはできません。
また現金と交換することもできませんから注意が必要です。

未使用の年賀はがきは切手とも交換できる

未使用の年賀はがきは普通郵便はがきだけではなく、切手とも交換することが可能です。
もしかしたらはがきより切手の方が使い勝手がよいかもしれませんね。

はがき代が値上がりした時は注意!

古い年賀はがきを普通郵便はがきに交換する際、注意点が一つあります。
それは、値上がりする前の額面の年賀はがきを交換してもらう場合です。
年賀はがきと普通郵便はがきの交換手数料は5円でずっとかわっていませんが、例えば額面50円の年賀はがきをもって言った場合、
現在のはがきは62円ですから手数料5円+差額の12円=17円、がはがき交換の時に必要になります。
枚数があまりに多かった場合、思いがけない出費になりますから気を付けましょう。

ネットでの年賀状印刷が人気の理由

多くの人がネットの年賀状印刷を利用しており、納得できる年賀状を手に入れる事ができています。いくつものメリットが発生しているので、今後はもっと利用する方が増える可能性を秘めています。

お手頃な金額で依頼することができる

現在ではリーズナブルな金額で、年賀状印刷を依頼することが可能です。経済的な余裕があまりない方でもネットの年賀状印刷を利用すれば、お金を節約しながら目的の年賀状を手に入れる事ができます。中には割引やキャンペーンなどを実施しており、もっと少ないお金で依頼できる可能性があります。

場所に関係なく依頼できる魅力

ネットを利用した年賀状印刷は、場所に関係なく依頼することができます。ちょっと変わった地域で生活しているからといって、年賀状印刷の依頼を行えない訳ではありません。基本的に全国対応していることがほとんどなので、変わった地域で生活している方も問題なく対応してもらうことができます。

豊富なデザインが揃えられている強み

多くの人が利用している要因の一つが豊富なデザインになります。ネットの年賀状印刷に対応している業者では、数千以上のデザインが揃えられていて、自分好みのデザインを選択できるように配慮されています。年賀状に対し、強いこだわりを持っている方も気軽に選択する事が可能です。そして満足できるデザインの年賀状を手に入れる事ができるので、ネットの年賀状印刷を選択する方がどんどん増えています。

会社の上司や取引先への年賀状の注意点

上司や取引先への年賀状で気をつけるべきこととは

ビジネスシーンでは上司に対しては年賀状を出されている方も多いはずです。間違って失礼があっては大変ですので、気を付けたいことを挙げてみます。

一筆添えず、印刷しただけの年賀状

インクジェットプリンターで誰もが綺麗な年賀状を作成できますが、そのまま何も添えず出すのはさすがにマナー違反です。忙しくても必ず一筆書きましょう。

喪中なのにもかかわらず、年賀状を出す

これもあってはならない失礼です。喪中のハガキが届いた場合や不幸のお知らせがあった場合は、忘れないように記録し、年賀状を出さないように気を付けましょう。

賀詞を二文字にする

昨今知らない人が多いようですが、二文字の賀詞は略式となってしまい目上の人が本来使うものです。上司や取引先に出す時は、謹賀新年等の4文字の賀詞を使いましょう。

1月7日を過ぎてしまってから年賀状を出す

年賀状は出せばいいのではなく、遅れて出す場合は返って失礼にあたります。年賀状が元旦に届くためには12月25日までに投函するよう郵便局が指定していますので、きちんと守りましょう。

修正したものを出す

年賀状に修正液や修正テープを使用するのも大変失礼にあたります。書き間違いをしてしまったら、修正せずに一から書き直しましょう。間違った年賀状は、郵便局で手数料を支払えば、新しいハガキと交換することができます。

近況報告を書いて出す

一筆添えて出すのが年賀状ですが、個人的な近況報告をするのは止めておきましょう。もともと、年賀状は相手の幸せを願うものであるからです。

親族や友人・知人への年賀状の注意点

親族や友人・知人への年賀状を送る時に注意すべきこと

SNSが普及した昨今、ハガキの年賀状を送る人が減少していますが、年賀状を送ったり届いた場合に注意すべきことを挙げてみましたので見ていきましょう。

自分が出していない人から年賀状が届いた場合

年賀状を出し忘れてしまった人や出していない人から年賀状が届いた場合、返事をしないのは失礼にあたります。1月7日の松の内と呼ばれる日までに返信する必要があります。もし、それまでに間に合わないのであれば、寒中見舞いとして送るべきです。

喪中であることを知らずに年賀状を出した場合

年賀状を出すのと行き違いになり喪中であることが年内に分かった場合は、年が明ける前に急いでお詫びの連絡をしましょう。そして、1月7日過ぎてから寒中見舞いを出してください。

被災地には年賀状を出していいのか

地震災害等の自然災害で被災してしまった方に年賀状を出すべきなのか、出してはいけないのか悩んでしまうと思います。実際に被災された方はおめでとうどころではありませんし、励ましの言葉もかえって辛くなるかもしれません。年内にお見舞い状として送るのか、時期を遅らせて寒中見舞いを年明けに送るのかが望ましいでしょう。

写真入りの年賀状について

写真入りの年賀状は、基本親しい友人や知人に送るのはありですがそれ以外の上司や目上の方には好ましくありません。親しい友人に送る場合でも、写真に黒枠を使用してはいけません。遺影を連想させるので縁起が悪いとされているからです。

結婚報告を兼ねた年賀状の注意点

結婚をした翌年の年賀状で、結婚報告をするスタイルが増えています。年賀状に結婚式の写真を入れるので、華やかになります。年賀状を作る時に注意する点があります。

写真は顔が大きく映っているものにする

結婚報告の年賀状は、写真選びが重要です。結婚式の様子がわかり、どんな顔をしているのか注目される部分だからです。結婚報告の年賀状は、結婚式に招待した方もいれば来られなかった方もいます。
知りたいのは、結婚式の雰囲気よりも二人の表情です。幸せそうな笑顔や結婚相手の顔です。顔が小さくて見えないと、残念な印象を与えてしまいます。喜んでもらえる年賀状にするために、顔がはっきりとわかる大きめの写真を選ぶようにします。

デザインに合う写真を使う

年賀状の大きさはそれほど大きくありません。小さなスペースの中で、結婚したことを表現していきます。デザインに無理やり写真を合わせようとすると、見てもらいたい部分が切れてしまったり、ごちゃごちゃした感じに見えます。おしゃれな結婚報告をしたいときは、デザインに合った写真を選ぶことが大切です。
挨拶文も大切です。年賀状印刷ではテンプレートが用意されているので、年配の方にも失礼のない文章を選ぶことができます。自分の言葉で感謝の気持ちを伝えたいときは、オリジナルのメッセージを加えることも可能です。親戚用と友達用の2パターンを用意する方法もあります。
注意点に気を付けながら、新しい門出の年賀状を作成すると、素敵な結婚報告ができます。

出産報告を兼ねた年賀状の注意点

毎年考える年賀状印刷。今年はいんさつどっとねっとのディズニー年賀状はいかがですか?高品質で可愛いキャラクターの年賀状ができあがりますよ。

可愛いディズニー年賀状が簡単にできます!

いんさつどっとねっとならキャラクターデザインの年賀状が豊富です。ディズニーだけではなく、ミニオンズやほんわか日和、スタジオジブリなど年賀状選びが楽しくなる可愛いキャラクターたちがたくさん!
可愛い赤ちゃんの御披露目や成長した子供の姿にぴったりのデザインがきっと見つかります。こどもさんと一緒にお気に入りのデザインを選ぶのも楽しいですね。ぜひホームページでどんなデザインがあるのかチェックしてみてください。

いんさつどっとねっとは早めがお得。

いんさつどっとねっとでは早期割引を実施中です。11月5日までに申し込めば印刷料金が30%オフになるサービスです。例えば、ディズニー写真印刷を30枚頼んだ場合、年賀ハガキ代と送料も含めて7,692円かかるところが30%オフだと6,104円と1,588円も安くなります。とってもお得なので、ぜひ利用してみてください。

いんさつどっとねっとの公式サイトを見てみよう。

いんさつどっとねっとは公式サイトから簡単に申し込みできます。初めての人でも分かりやすくなっていますので、まずは公式サイトを見てみましょう。オプションで宛名印刷も頼めますので、自宅のパソコンで宛名を印刷するのは大変、手書きで宛名を書いていたが印刷にしたいという方にはぴったりです。是非一度公式サイトを開いてみてくださいね。

ディズニー年賀状はいんさつどっとねっとがおすすめ

出産を報告するという事は、とても嬉しい事ですし、知り合いにはまとめて元旦に年賀状で報告する方が便利です。しかし受け取った人に少し失礼になってしまう場合もあるので、年賀状での報告では注意する点があります。

受け取った人が誰から来たのかわからない

良く聞くのは、社会人が沢山の人達から年賀状を受け取った時に、小さく名前と住所が書いてあるだけで、ほとんどが子供の内容で、一瞬誰から年賀状が来たのか分からないという場合があります。もちろん、出産報告も兼ねての年賀状ですので、赤ちゃんの写真を年賀状に載せる事は大丈夫ですが、そればかりになってしまうと、新年の挨拶が本人からではなく、赤ちゃんからの様に見えてしまって、一瞬誰から来たのかわからないと思われてしまう場合があります。なので、相手に失礼にならない程度に新年の挨拶を年賀状の半分くらいでし、残りの半分を出産報告にするなど、バランス良く書くと年賀状として相手にも気持ち良く受け取ってもらえます。

子供の自慢をしている様に思われる

出産報告はとても嬉しいニュースですが、中には子供の自慢にしか見えないと不快な大人達もいる様です。例えば、中々赤ちゃんが授からない友人や仕事の同僚などに、赤ちゃんの大きな写真を付けて年賀状を送っても、嫌味にしか見えないと言う人もいます。出産すると言う事は、とても嬉しい事なので、なるべく嫌味にならない様に、新年の挨拶をしてから、小さく赤ちゃんの写真を添えても良いと思います。しかし、ママ友などの子供達の居る家族などに送る場合は、赤ちゃんがメインでも大丈夫です。この様に、子供が居る家族と子供の居ない人達への年賀状を分けると、気持ち良く出産を祝ってもらえます。

年賀状印刷格安ネット注文2019の関連記事